2018年2月22日木曜日

中国新聞から


先日、広島の中国新聞から取材を受けた際の新聞が送られてきました。いろいろな考え方はありますが、一つの捉え方として記事をUPします。







今日もひっそりと開いています。

この時期は多くのちゃれすくメンバーが学校に復帰したので、通学している生徒もここぞとばかりに一気に成長してくれます。 学校にいけず担任の先生と会えていないメンバーは自分たちのホームグラウンドであるちゃれすくに担任の先生を招き入れて面談したり。。。 お越しいただいた先生方(これからお越しいただく先生方も)本当にありがとうございます。 小学校の卒業制作って何作ったか覚えてますか?私は一切覚えていません。最近のなのか、以前からなのかこの卒業制作にびっくりしました!
小学生の卒業制作ですよ!ステキすぎる! さらに、理科の学習で電気について学ぶ実験キット!5wayくらいの役割果たす頑張り発電機!チョー楽しい!こんなの使って勉強できるのなんて楽しすぎる!
ほんと学校ってすごい! ゲームして過ごすのも、まあまあ飽きたりするみたいで、「勉強する?」って言われて「うん」ってすぐ返答できたり。 全国にはたくさんのフリースクールがあって、中国地方にもフリースクールが増えたみたいです。(中国新聞っていう広島の地方紙に書いてありました。) 鳥取県の不登校生の人数は近年変わらずの人数で、そのうちごくわずかの人数がフリースクールを利用してるんだって。たくさんの不登校生がいるうちのちょっとの人がフリースクールを利用している。そりゃそうだ!「長期欠席30日に以上」でのその後は登校し始めた。教室ではなくて相談室で過ごしている。不登校を選択した子ども達は、それでもそれぞれのニッチを探して必死に生活している。たくさんいる不登校生に対して、色々やっても数が減らない。って考えている大人がいるなら、そもそも、その色々は誰が考えたかってこと。 今苦しんでいることを一緒に向き合って、明日も一緒に悩んで、明後日は少し休憩して、明々後日にまた考えよう! 新年度を迎えるにあたり、少しだけ誰かの力を借りることも悪くないよ。 どこに相談しても上手くいかなかったかもしれないけど、もう一度ちゃれすくーるに相談してください。 ちゃれすくーるは今必要な生徒のために、今日もひっそりと開いています。

2018年2月14日水曜日

準備期間

2月に入り、新学年によいスタートを作るため、それぞれの目標に合わせて準備期間に入っています。子ども達それぞれが、ゆっくりと考え悩みながら歩んでいます。

その中でも中学3年生は、ライフステージで初めてのハードルであろう進路決定・高校進学があるため、ちゃれすくでは、この準備期間はかなり早い時期から入っていきます。
そんな中、ある保護者の言葉「この年代のみんなが向かう壁に向かっての努力やチャレンジの経験を初めからしないで今ある現状で高校を決定するのではなく、そこに向かって努力していくことをあきらめてほしくない」子ども達が精一杯頑張っていることも知っているけれど、子どもをずっと支える親としての思いであり、この子は、この言葉の意味を考え、高校選択を自分で決定しました。
結果、不登校であったちゃれすく利用者の中学3年生・既卒生一人一人は、この入試に迎えるまで、多くのチャレンジをし、この高校受験という壁に必死に耐え努力し、私立全日制高校の受験でみんなが結果をだすことができました、おめでとうございます。

最後に、先日当施設説明会にご参加いただいた各学校の管理職の先生やSC、現場の先生、教育委員会の方々、本当にありがとうございました。内容や支援方法、連携についてのご理解いただけたことで、少しづつ子どもたちの成長に向けそれぞれの役割を協力していけたらと思っております。

2018年2月1日木曜日

大変⁉︎

大変!何が起こった⁉︎口からも手にも!




今日は昨日の面談で教えてもらったスライム作り^_^



着色してキレイな天の河にも✨






古民家風のカフェでソーダを楽しみ風(^^)


2018年1月20日土曜日

プラバン


最近の物つくりブームはプラバン(^^)
遅ればせながら初レジンにもtry。でも冬場の自然光で試作は硬化するまであと何日かかるのやら。。ラメやマニキュアの小物セット持参のメンバー、ありがとう!


入試シーズンになり、これから試験に臨むみんな。いま出来ていることが大切。不安で押しつぶされないよう、一緒に悩み考えさせて下さいp(^_^)q

2018年1月15日月曜日

2018ウェルカムボード

年が明け、学校に復帰したり、学校復帰に向け1歩踏み出そうとする利用者が多くいます。
来訪されるみなさんを玄関で出迎える今年の書初めです。


どうぞ本年もよろしくお願いいたします。


2017年12月16日土曜日

すいそ学びうむ


次世代のクリーンエネルギーとして、地球上に豊富にかつ恒久的に利用できる水素エネルギーを広く知らせるための体験施設「すいそ学びうむ」に行ってきました★









子ども達に広く体験してもらおうと作られた施設のようですが、ほとんどが都市部からの企業視察で、ちゃれすくが子どもの団体として初めてだそうです。




様々な体験プログラムがあり
水素を発生させ、自転車やドローンを動かしたり 水素自動車に のったり!水素エネルギーを利用するモデルハウスの中はみれませんでしたが、家庭生活にまで普及し当たり前の時代がやってくるのかも??